【最新】美容家・石井美保さんの生い立ちについてまとめ

ここ最近多くの女性から憧れられている田中みな実さんが、絶賛する美容家である石井美保さんの生い立ちについてご紹介します。

同性からも憧れられている美貌を持つまでには、どのような人生を歩んできたのか気になりますよね!!

Topics

プロフィールについて

生年月日:1967年6月23日(現在44歳)
血液型:B型
出身:アメリカ合衆国・サンフランシスコ州
最終学歴:青山学院大学卒業
所属事務所:beauteste

残念ながら、小学〜高校までの詳細については、詳しく公表されていないようです。ただ、美容に目覚め始めたのは、石井さんが中学の時がきっかけだったそうです。今ではあまり想像がつかないですが、生まれつき小麦肌で幼少期を過ごし、8歳のときに色白のお母さんや妹さんと比べて肌にコンプレックスを感じるなったようです。その時ぐらいからスキンケアを重要視してきたそうで、試行錯誤を重ね、自分の肌に合う美容法を探したそう。

お母さんが教育に厳しい方だったため、青山学院大学で教員免許を取得されています。しかし、幼い頃から人一倍美容に興味を抱いていた石井さんは、「人を綺麗にすることで生きていきたい」と美容関連の仕事につきたかったこともあり、大学卒業後(24歳の時に)、ネイルサロンを開業することで準備されていたそうです。しかし、ちょうどその頃、元プロ野球選手と出会い夢を諦め、ご結婚される道を一度選ばれました。その後、娘さんを出産されて、石井さんが29歳のときに、プロ野球選手だった旦那さまとは離婚されています。元旦那さんが誰かは公表されていません。

その後、娘さんを育てていくために、一度諦めた夢に向かって再度準備を始められます。ネイルサロンを開業されたのですが、その頃には数多のネイルサロンがお店を出していたので、その当時はまだ店舗数が少なかったまつげサロンを経営することを始められました。

「麻布十番 Riche」というお店で、まつげエクステ・ネイル・エステの施術をされています。

まつげサロンを経営する傍ら、シングルマザーで子育ても行う毎日を続けられて、ご自身の肌のコンディションが悪化したことをきっかけに、30代前半で肌ケアを見直すことをされました。ここで、こすり洗いを一切行わない洗顔が生まれました。再度美容に力を入れることをし始めると、まつげサロンだけではなく、石井さん自身の美容法に関して雑誌からインタビューを受けるようになり、業界で美容家としても認められるようになっていきました。

田中みな実も虜になった洗顔法

美容家である石井美保さんや田中みな実さんが美容に大切なこととして提唱しているのは、朝の洗顔だそうです。多くの人がやっているしっかり洗って肌の肪分を落としすぎることがNGとのこと。理想は、プッシュするだけで泡が立つタイプの洗顔で、顔を覆い、さっと流す程度にするのがポイントだそうです。

まとめ

生い立ちについてをメインにご紹介しましたが、幼少期については学校名など詳しく公表はされていないようです。しかし、小さい頃からコンプレックスがあったからこそ、美容に関心を持つようになり、結果的に人を綺麗にしたいという気持ちが、今の美容家としての道をひらくきっかけになったのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

Topics
閉じる