松下洸平はピアノも得意!その訳/理由は?【ゴチになります】

2021年1月28日からゴチになります!の新シーズン(22)が開幕されました。新メンバーに女優の中条あやみさんと俳優の松下洸平さんが選ばれました。

松下洸平さんは、初戦から歌や絵を披露され、多才能を発揮されておりますが、今夜2月4日の放送では、ピアノまで披露されるとのことです。

多彩すぎてどういう子供時代だったのかと気になっているのではないでしょうか?ピアノが得意な理由を調べました。

Topics

幼少期にピアノを習っていた?

プロフィール

生年月日:1987年3月6日(現在33歳)
身長:175cm
体重:60kg
血液型:A型
出身:東京都
趣味:料理、ダンス

松下洸平さんの母親は、主に油絵を描かれている画家さんだったようです。お母さんの影響から、芸術や音楽が生活の一部になっていたそうで、幼少期より油絵を始めます。

その後、中学でダンスを始め、美術系の高校に進学、音楽の専門学校に進まれるなど、芸術に一貫した道を進まれています。

ピアノは習っていませんでした。。

なぜピアノが弾けるのか?

松下さんは、2009年にご自身のブログの中で、スタッフさんとの打ち合わせの中で、弾き語りをやろうか?とご自身から提案されたそうです。それに対してスタッフさんが、ピアノ弾けるの?と驚いたそう。それに対して松下洸平さんは、弾けないけど?と書かれています。

その後に補足で、松下洸平さんの考え方としては、なんとかなるという精神で物事を進められたり、何にでも挑戦されています。

実際に、スタッフさんとのこのやり取りのあと、急遽ピアノの練習をスタートされることになります。最初は、鍵盤を左手で4つ押さえることすらできなかったようです。という事は本当に一からのスタートで、披露したいという想いや気持ちで練習を重ねられ努力される方であることがわかります。

作詞作曲するレベルにまで

上記のブログでのやり取りが、2009年のことでしたので、約10年ほど練習を続けられ、今では、曲を披露したり作曲されるレベルにまでなっています。

まとめ

松下洸平さんは、2021年2月4日に放送されたゴチになりますでもピアノの腕前を披露されておりましたが、幼少期にピアノを習っていたという訳ではなく、大人になってから独学で学ばれたようです。

その背景には、物事なんとかなるという精神からきていて、どんな事でも一度決めたら挑戦する努力家である性格があるのではないでしょうか。

今後、ゴチになりますの新シーズンを通して、俳優だけではない多彩な松下洸平さんをみることができるのではないでしょうか。非常に楽しみです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

Topics
閉じる